読書

Post21 9月の読書記録&オススメ5選

みなさまこんにちは。管理人のえーです。

今日は9月に読んだ本のまとめ+オススメ5選出です。

9月に読んだ本の総計は41冊でした!
一日大体一冊、休日に4、5冊読み貯めるペースで本を読んでいきました。
ブログとtwitterを始めてから目標を立てたこと、習慣に関する本を読み、実践したことで今までの中で一番量と質の高い読書が出来た気がします。

読んだ内訳は

統計関連:5冊

会計関連:6冊

習慣について:5冊

ビジネス系:11冊

片付け・掃除:5冊

料理本:5冊

小説、その他:4冊

でした。あまり今まで読んでこなかったビジネス関係の本を読んだのが新しい体験でした。時間の使い方や仕事に対する考え方など、今後のキャリアを形成していく上で参考になるものも数多くありました。

また、掃除に関する書籍も興味深いものがありました。着実に不必要なものが減り、家の中が片付いて来ております。継続して読み続けて行きたいと思います。

では、今月読んだ本でオススメを紹介します!

 

・メモの魔力/前田裕二

  今月の一番のオススメはコレです。読書ブログとTwitterを始める上で、記事を書くメソッドとして一番取り入れている本です。
 本の内容を、事実⇒主観⇒行動の順で書き留める事によって、記事を書くスピードが格段に上がることと、読書そのものの質が向上するのを実感できました。

・超雑談力/五百田達成 

 コミュニケーション系の本の中で、この本が一番行動に移しやすかったです。会話の幅の広げ方、特に過去、現在、未来に想像を膨らましてコミュニケーションを取る方法が仕事でもかなり役に立ちました。

・図解 仕事のミスが絶対なくなる頭の使い方/宇都出 雅巳 

 仕事の取り組み方を変える上で、頭で抱えている問題を文書化⇒アウトプットして、一旦頭の外に出すことを意識しました。全体的な仕事のスピードと判断が早くなり、決断にかかる時間が少なくなりました。
実感しやすい良い本です。

・大学4年間の哲学が10時間でざっと学べる/貫成人

 哲学について、言葉の定義から考え直す機会となった良い本でした。自分の興味が哲学ではなく、倫理にあることに気付かされたのが良い体験でした。初学者向けに分かりやすい作りとなっており、俯瞰的に哲学の歴史を追うことが出来ました。

・人生がときめく片づけの魔法/近藤 麻理恵

 捨て方のメソッドとして、非常に良い参考になりました。”ときめかない”ものは全て捨てる。コレを徹底しただけで部屋の荷物が1/3になりました。服、調理器具、長年捨てれなかったものが一挙に片付き、部屋一つ分ぐらい家からものがなくなり、大事なものだけが残るようになりました。

気になる方は是非。

また明日。